AI投資

【ワクワクする投資FOLIOとは?】テーマを選んでロボアドバイザーにお任せ運用・特徴をご紹介

 

FOLIO(フォリオ)ってご存知ですか?

企業ではなく好きな「テーマ」に投資できるサービスです。

普通の投資とは一味違う投資が体験できます。

投資をやったことのない方やちょっとやったことある程度の方など、投資初心者にとてもオススメのサービスです。

そんなテーマに投資できるFOLIOを紹介します!

FOLIOとは

株式会社FOLIOのサービスです。

2018年1月に70億円の大型資金調達に成功していて、91億円の資金調達に成功しています。
LINEと提携し「LINEスマート投資」をスタート。

ロボアドバイザー「FOLIOおまかせ投資」も出来るようになりました。

ターゲットユーザー

・投資初心者

・興味がある

・やり方がわからない

・資金が少ない

・以前失敗した

上記に当てはまる方々には特にオススメです。

テーマ投資とは

普通に投資は企業に投資をしますが、FOLIO(フォリオ)のテーマ投資は「VR」や「京都」などその名の通りテーマに投資ができます。

他にも「ドローン」や「温泉」など様々なテーマに投資することができて一味違った唯一無二の投資を楽しめます。

FOLIOの特徴は4つ

・企業ではなく「テーマ」でえらぶ

・有望企業10社にリスクを分散

・分散投資が10万円からできる

・業界最低水準の手数料

企業ではなく「テーマ」でえらぶ

通常の投資は企業ごとに投資しなければなりませんし、100株・1,000株などまとまった株を購入しないといけませんが、FOLIOでは、1株から購入することができます。

有望企業10社にリスクを分散

1銘柄に集中して投資すると成功すればリターンは大きいですが、失敗したときのリスクも大きく伴います。

10社に分散して投資することでリスクを最大限に抑えて運用をすることが出来ます。

分散投資が10万円からできる

株式取引の場合は100株単位で行われます。

1単元100株で1株1万円だとすると、1銘柄の初期投資だけで100万円かかることになり、複数銘柄の分散投資は多額の資金が必要になります。

FOLIOの分散投資では10万円から分散投資を行うことが出来るので、リスクを最小限に抑えることが出来ます。

業界最低水準の手数料

FOLIOのテーマの売買には、各銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜)の手数料がかかります。

単元未満株取引としては業界最低水準になります。
また入金手数料、運用手数料及び口座管理手数料はかかりません。

おまかせ投資

FOLIOではロボアドアドバイザーによる「おまかせ投資」をすることができます。

おまかせ投資とは

資産運用をすべて自動でおこなえるサービスです。
ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」に基づき、FOLIOが改良を加えたアルゴリズムで運用します。

資産運用プランの診断をするだけ

10秒で終わる資産運用プランの診断をするだけで、自分にあった最適な商品が提案されて、そのまますぐに始める事ができます。

運用中の資産は自動で最適なカタチに調整されるので、一度運用を開始したら何もすることはありません。

LINEと提携

LINEスマート投資とは

LINEスマート投資とは、LINE Financial株式会社と株式会社FOLIOが2018年10月18日から提供を開始した、新しいモバイル投資サービスです。

LINEから簡単にアクセス可能に

「投資」と聞くと、敬遠されたり私には関係ないかな、なんて思われそうですが、普段からLINEを利用している人からだと、非常にハードル低く始められますね。

ログインや投資でLINEポイントがもらえちゃいます。

 

まとめ

クマネー
クマネー
テーマに投資できるって面白い!

好きなテーマを選んで、少額から簡単に投資ができるサービスです。

まずは好きなサービスを選んでみましょう。あなただけの資産運用診断も無料でできるので是非やってみて下さい!

ABOUT ME
クマネー
渋谷の「IT×広告」の企業で働きながら複数のサイトを運営しています。 給料以外に自分で稼ぐ方法を発信していきます。 特にアフィリエイトが得意で初心者の方から中級者向けに多く発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA